[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

ビギナー [ 家計簿の知識 ]


 家計簿をつければ、お金が貯まる?
今年こそ家計簿をつけると決心したのに、もう挫折した人。支出は減らない・貯蓄は増えない・家計簿なんて面倒なだけ!という人。なぜ家計簿って大事なのでしょう。頭の中で収支計算するとこんなに貯金ができるのに、現実は・・、と、首をかしげたくなることはありませんか?
それは何に使ったかわからないお金『使途不明金』があるからです。お金を貯める第一歩は『使途不明金』をなくすこと。
人生にかかる支出はなんと2億円!そんな大金、何にどう使ったか知らずに終わるなんて恐ろしいと思いませんか?
 できる事からはじめよう
家計簿をつけると決めても、書き忘れる、費目の分類がわからないなど頭を悩ませ面倒になる事もしばしば。
目的は「使途不明金をなくす」です。まずこれを見つけるには、とにかく1ヶ月分の支出を把握しましょう。毎日の記入が面倒な人は、レシートや項目と金額を書いたメモをどんどん箱に溜めていき、1ヶ月まとめて集計する方法もあります。これならできそうでは?また、いつも決まったお店を利用する場合、食費やガソリン代をクレジットカード払いにすると1ヶ月分の明細がわかるだけでなくポイントや割引優待など、さらなる特典も。
 自分にあった家計簿選び
長く続けるためにも家計簿選びは大切です。自分にはどんな家計簿が向いているのか?手書きVSパソコン、自作VS市販。例えば書店で販売されているタイプには、レシートを張るだけのものから、日記帳や料理レシピが一緒になっているものまで様々です。
また、簡単な集計から、統計・グラフ・分析まで追及したいなら、家計簿ソフトが便利です。無償でダウンロードできるものもあり、まずは試してみると良いでしょう。“シンプル派”か“楽しみたい派”、ライフスタイルや性格に合わせて続けられそうなものを選ぶのがポイントです。
 収支費目の分け方1
支出は大きく分けると、住宅費・教育費・保険料など毎月決まった金額が出ていく【固定費】、電気・ガス・通信費などの【公共料金】、そして食費・日用品・ガソリン代・小遣い費などの【生活費】と3つに分類できます。まずは、1か月分の支出をこの3つの費目に分類してみましょう。
節約しやすいのに把握できていないのが【生活費】です。ここに潜んでいる「使途不明金」を探すためにも【生活費】にいくらかかるかをしっかり掴んでおきましょう。収入は、税金や社会保険料を除いた手取り額で記入しましょう。
 収支費目の分け方2
住宅費、保険料などの【固定費】や【公共料金】は、口座引落が多く比較的把握しやすい費目といえます。【生活費】については、食費・日用品といった毎月必要な生活必需品のほかに、予定外に発生するものがあります。例えば冠婚葬祭などの交際費、レジャー費、電化製品購入などです。これらは不定期に発生するため使途不明金になりがちです。最初は面倒でも、これらの費目を設定しておくか、イレギュラーな支出として一目で分かるようにしておきましょう。
1年間続ければ、ライフスタイルに合った費目分けが確立できるはずです。
 途中で挫折しないために
なんといっても続かなければ意味がありません。その為には労力や手間をかけないことです。もし面倒になったとしても、とりあえず1ヶ月は続けて下さい。
それができれば、その月に使った【生活費】のうち毎月必要な生活必需品分だけを【基本生活費】として集計します。そして翌月はその【基本生活費】分だけを封筒にいれ、その範囲でやりくりするようにしましょう。そうすれば、だんだん生活費が安定してきます。不定期支出を認識し、使途不明金が減る。さらに節約もできれば続ける原動力にもつながります。
 分析レポートの作り方1
わが家はムダ使いが多いのか?節約できる項目はないのか?せっかく家計簿をつけ始めたら、家計診断までしたいものです。
ライフスタイルや価値観は人それぞれですが、一般的なデータと比較してみても良いでしょう。総務省統計局「家計調査」では家計収支の状況が公表されています。単身世帯・勤労者世帯の区分や世帯人数・年齢などでの比較も可能です。ちなみに平成18年度・勤労者世帯のエンゲル係数(全支出に占める食費の割合)は21.9%でした。わが家のエンゲル係数は・・・?
 分析レポートの作り方2
年間の収支を把握することで、貯蓄可能額も分かってきたと思います。では、貯蓄可能額と昨年の貯蓄実績を比較してみましょう。その差額が、何に使ったかわからないお金『使途不明金』です(一般に使途不明金は年収の5〜10%もあるといわれています)。
使途不明金を減らし、出費がかさんでいる費目は見直しをするなど、今後は予算を立て実績と照らし合わせるようにしましょう。
またローン残高などの負債と資産のバランスシート作成など、さらなるバージョンアップをしたいものです。
 貯めたいお金は先取りしよう
頑張った1年分の支出を振り返りましょう。無駄な出費を省いて、まずは貯蓄可能額を決め、それを先取りで貯蓄してしまいます。“残ったら貯金”なんてやっていると絶対に貯まりません。なかなか先取り貯蓄のできない人は、自動天引きの積立貯金や貯蓄性の高い保険に加入するなど無理やり貯蓄に回しましょう。また、1年のスタンスで収支が把握できていれば、保険料やNHK受信料などは、お得な年払いにしても大丈夫なはず。家計を見直し先取り貯蓄で、年間50万円貯めれば20年で一千万円!家計簿をつけた意味があるってもんです。
 ライフプランを立てよう
人生の総支出は「2億円」。何にどう使ったか知らずに終わるより、自分はどう使いたいか?をしっかり考えたいものです。そして『いつまでに・いくら』と目標を決めることがお金を貯める極意です。が、そのためには10年後・20年後に何を手にしたいか?どんな生活を送りたいか?を具体的にイメージすることが必要です。これがライフプランなのです。
先の見えない社会経済情勢に不安を感じるより、今できる家計の把握と自分らしいライフプランを立てることで、充実した人生の一歩を踏み出しましょう。

マネーのまぐまぐ!「日刊マーケット情報」 掲載:2007年11月12日〜26日 執筆:プルーデントジャパン株式会社


この特集のバックナンバー

ビギナー 記事一覧

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

ページの先頭へ戻る

[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]